目という窓

目を窓の様に使う
相手を見る時
窓を開いて風が入ってくる様に見る。

目の周りの筋肉が緊張し、
気が目から外へ向けられていると
他人の気とぶつかるので
人は反射的に目を逸す。

逆に、
目の周りの緊張を取り
感じるモードになっていると
目から自分の気持ちが出るのではなくて
目から相手を受け入れるようになる。